ロゴ
Home>トピックス>介護職員初任者研修の資格に合格するためには

介護職員初任者研修受講までの流れ

介護職員初任者研修は、通学もしくは通信で受講することが可能です。介護職員初任者研修の講座を行っているスクールに申込み、受講します。受講資格は定められておらず、年齢や職業に関わらずだれでも受講することができます。

介護職員初任者研修の資格に合格するためには

男女

介護職員初任者研修受講後から資格取得するためには

介護職員初任者研修の資格を取得するには、修了試験に合格する必要があります。講座で学んだことのおさらいのような試験であるため、きちんと講座の内容を理解していれば心配ないでしょう。万が一不合格になっても、再試験が受けられます。

通信講座で学習する場合とスクーリングを通して学ぶ場合を比較して

通信だけで講座を完了することはできない

通信講座は自宅で受講でき便利ではあるものの、必ず通学して完了しなければならない講座もあるため、自宅で全てを完了することはできません。

ライフスタイルに合わせて通学できる

スクーリングは昼間コースや夜間コースなどライフスタイルに合わせたコースが用意されており、仕事をしながらでも通いや数なっています。最短14日で取得できるのも魅力です。

介護職員初任者研修受講にかかる費用

介護職員初任者研修を受講するのにかかる費用は、それぞれのスクールによって異なります。安いところでは3万円弱で受講できますが、一般的な相場は5万円から10万円ほどです。キャンペーンをしているスクールも多く、キャンペーン時に申込めば受講費が安く抑えられます。

介護職員初任者研修を受講するメリット

介護

就職に有利になり選択肢が広がる

有資格者が求められる職場が多いため、就職が有利になり選択肢が広がるのがメリットです。

資格手当が付き給料がアップする

職場によっては資格手当が付くため、給料アップが望めるのがメリットです。

キャリアアップの足掛かりとなる

介護職員初任者研修の後、実務研修を受け着実にステップアップし、最終的には国家試験である介護福祉士を目指すこともできます。

自信を持って仕事をすることができる

介護職員初任者研修を受けると基本的な知識や技術が身に付くため、自信を持って仕事に励めます。

家族の介護に役立てることもできる

介護の知識や技術を得ることで、仕事だけでなく家族の介護に役立てることもできます。

広告募集中